「井村雅代コーチの結果を出す力、あと「1ミリの努力」で限界を超える」が人を導くためのバイブルとなる理由が知りたければ魂を込めて読んでください。

井村雅代コーチといえば

シンクロナイズドスイミング

世界的に有名なものすごいコーチ。

シンクロでのメダリストを多数輩出。

 

世界に誇る日本のコーチである。

 

いわば、人を教えるプロ。

 

部下や後輩を指導するのであれば

これほどの実績を持った人の考えが

気にならないわけがない。

 

きっと参考にすべきことがたくさんあるに

違いないと思い本書を手にとった。

imuramasayoko-tinokekkawodasutikara

その考え方が正しかったのを

本書を読んで、実感しました。

 

読んでみて感じたことは

昭和の頃とあまり変わらないこと。

 

昭和といえば鉄拳制裁が代表的。

 

もちろん相手を殴ったり叩いたりして

教える方法は論外。

 

僕が昭和と変わらないと感じた事は

  1. 悪いところを注意して、
  2. 具体的に改善方法を提案して、
  3. できたかどうかチェックする。

 

本当に正しいことは不変!

 

何も特別なことはしていないんですよね。

特別なことと言えは「信頼関係」でしょう。

 

生徒とコーチとの信頼関係

愛情と厳しさを持って相手に接する。

 

確かに方法論は平成を経て令和になって

進化したかもしれません。

 

しかし、相手を見て本気で指導すれば

伝わるものがあります。

 

ただし、指導するほうが独りよがりでは

生徒はついてきません。

 

結果も伴いません。

 

井村コーチの指導方法が正しいかどうかは

結果が伴うかどうかで判断できます。

 

結果が井村コーチの指導方法が正しいか

どうかを判定してくれます。

 

以下は井村コーチが掲げる信念

とでも言いましょうか?

  • 目標を持って物事にあたる。
  • 何がなんでもやると決めて行動する。
  • 確固たる信念をもって指導する。

 

こんな信念を持って事にあたっているとは・・・

これは男でも惚れます。

 

口先ばっかりでなく実績として結果を

出しているのですから。

 

小手先の技術だけをレベルアップさせる

のではなく、目標に到達させるまでの

マネジメントがすばらしい。

 

相手の努力の方向や方法、心の持ち方や

考え方について心配りをし指導する。

 

そりゃ、選手はメダルを取れるわけだ。

medal
Adriano GadiniによるPixabayからの画像

 

もちろん、指導された選手の努力は必要。

メダルを取れた選手はすばらしい。

 

厳しい練習にも耐えて結果を手にして

メダルを手にしたりもする。

 

しかし、正しい努力の方向を指し示して

くれるコーチが身近にいることが、どれだけ

恵まれているか。

 

そう考えた時、子供や後輩や部下などに

正しい道を教えられるように努力が必要な

自分に気づいた。

 

技術論や精神論など多方面から見られる

本書は、すごくためになる本。

 

指導書でもあり多種多様な顔を持つ本。

 

井村コーチの考え方に少しでも触れると

行動したくなってくるから不思議。

 

やるからには結果も出したくなる。

アグレッシブな自分と出会えます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください