AAAの直也くんやフジモンを見習って嫌なことは今年で終わらそう。今年の振り返りで嫌な事と楽しかった事を書いて来年の見通しを予想してみた。

「AAA」リーダー浦田直也が脱退発表 4月暴行事件で謹慎、今後は個人で活動へ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000212-spnannex-ent

AAAnaoyakun

自分の子供がAAAのファンなので一言。

 

年末になって、AAAのリーダー浦田直也こと

直也君についての情報がなかなか出回って

こないことについて相談された。

 

女性への暴行事件から示談になり

あまり情報が一般の人には聞こえてこない。

 

だから、

「ファンとしてはもやもやする」と。

 

これからの直也くんに対する情報は

自分の予想としては以下の通り。

 

報告されるのが

年明けなら良い情報であろう。

年内なら良くない情報と予想していた。

 

直也くんが復帰なら、年明け早々に

ファンに発表して新たな気持で

1年を送ることができるから。

 

逆に嫌な情報は、前年という形で

終わったという扱いをしたいから。

 

そして、その予想は当たることになった。

大晦日の12月31日にAAA脱退報道。

 

ニュース速報を受け直也くんのファンである

我が子の目は泣き腫らして翌朝を迎えた。

 

直也くんのソロライブにも足を運ぶほどの

ファンだったので気持ちは痛いほど分かる。

 

直也くんも人気商売なのでプレッシャーも

あったのではないかとは思われる。

 

それでも、ファンのことを思いやって

ほしかったのと事務所がもう少し目を

配っていてほしかったとも思う。

 

とはいえ、もう十分、分別のある大人。

事務所に責任を押し付けるのは筋が違うか。

 

被害者との示談が本当の意味でちゃんと

被害者加害者双方が納得して解決している

のであれば来年の門出を祝いたい。

 

そうすれば、自分の子供も救われる。

 

TOKIOの山口達也さんのように

アル中で無いことを祈る。

 

嫌なことは年末に終わらせておきたい。

 

そういう意味では

ユッキーナこと木下優樹菜さんと

フジモンこと藤本敏史さんもそうだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000051-dal-ent

fujimon-kinositayukina

 

こちらはAAAほどのめり込んでないので

「あーそうかあ」程度だが、直也くんと

同じように年内にけじめをつけたかった?

 

さて、翻って自分自身はどうだろう。

 

思うような1年を遅れたかというと

「思うようにいかなかった」

 

私生活では楽しめたが収益という意味では

結果がついてきていないので、全然成長して

いない。

 

収益だけ見ると悲しくなる。(泣)

 

良かったと思えることも少しあったので

そちらも少し書いてみる。

 

一番はバイクが手に入ったこと。

baiku

私生活の中にバイクがあると、

行動の範囲が広がったりフットワークが

軽くなって行動力がついた。

 

御土居巡りもバイクでラクラク。

御土居鷹峯(北)にあるお土居は、豊臣秀吉が命令して作らせた広大な堤防である土塁。9つの現存する物を見て回った最初のおどい。

 

お財布と体にやさしくなった。

 

二番目はバーナーが手に入ったこと。

山登りやキャンプにバーナーなど

火元を持っていけるようになったこと。

PRIMUS(プリムス)ウルトラバーナーP-153を購入しました。これでキャンプや登山で温かい食べ物や飲み物が飲めます。

 

車中泊にも使えてどこでも温かいものが

食べられるようになったことかなあ。

 

初の車中泊も楽しんだし、バイクも手に入り

来年はもっと行動範囲を広げて楽しみたい。

 

三番目は株の結果が良かったこと。

kabunoseiseki

素人ながらも7%の収益ならば良いかと。

掛け金がショボいなんて言わないで。(泣)

 

掛け金は徐々に増やしていく予定。

 

一度株を売って利益を確定したくはあるが

収益には税金がかかってくるので難しい。

 

全額の3分の1くらいはNISA。

 

株については何も分からなかったが

あれこれ考える前に動きたかった。

 

しかし、税金のことを考えると

もう少しNISAについて勉強して

おいたらよかった。

 

来年はNISAを踏まえて投資する。

 

四番目はヨーグルト作りが定着したこと。

最初のヨーグルトの種を購入したのは

いつだったか覚えていないくらい。

 

ヨーグルトメーカーで作り始めた初期は

2、3週で新しい商品を購入したが

今ではヨーグルトを継続して増やしている。

 

一番の思い出は

廃村八丁を目指したことかなあ。

廃村八丁小屋に何とか行くことができました。ガイドもなしに自分が行ける範囲で行ったので行けなかった場所や行きにくかった所のログと地図を置いておきます。

 

山登りでこんなに道が分からないことが

怖いとは思わなかった。

 

車で一時間以上かかるところに

何度も足を運んで何とか目的地に到着。

 

大げさに聞こえるかもしれないが

目的地に向かって山登りしていると

 

「ここで落ちたら死ぬ」と何度も思った。

 

何度も死ぬと思ったからヘタれて

何度も引き返したのですが。(汗)

 

逆に、道の無いところを進む大変さや

楽しさを実感。

 

キャンプ道具を持って野宿するのも

楽しいかもと思ってしまった。

 

来年は、どこかの山や海でキャンプを

楽しむつもり。

 

プチサバイバルができればさらに良し。

 

こうやって書くと、アクティブに行動する

予定になりそうです。

 

今年もたくさんの人にお世話になりました。

来年もよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください