介護施設のたんぽぽ介護センターの経営方法がすばらしい!これから増える老人たちに対してのビジネスとしてまさに理想。

先日放送していたカンブリア宮殿。

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2018/0111/

 

その番組で取り上げていた

たんぽぽ介護センター。

http://www.tanpopo-kaigo.co.jp/index.html

 

介護センターの試みがすばらしいと

取り上げていました。

 

これからの日本は超高齢化社会。

働き方や会社の先行きが不安。

 

経営方法についてもアタマを痛めている

経営者も多数いることでしょう。

 

そんな中老人たちで賑わっている施設が

番組で取り上げられていました。

 

その秘密を感じていきたい。

 

お年寄りがやる気になり生き生きと

輝いて行動や生活をしている。

tanpoppokaigo-kanburia (4)

 

施設内での通貨として利用できる

「シード」が設けられている。

 

施設に入居したり利用したりするには

もちろん本物のお金が必要。

 

しかし、現金ではないがこのシードを

集めると集めた分だけ利用できる。

tanpoppokaigo-kanburia (5)

 

本物のお金に近いものがある。

巷で言ったらポイントみたいなものか。

 

何が画期的かと言うと、施設内で

リハビリを頑張ればシードがもらえる

tanpoppokaigo-kanburia (1)

 

頑張ったご褒美に目の前に利用可能な

商品がぶら下がっているわけです。

 

人間とは単純なもので、目の前に人参が

ぶら下がっている状態だと頑張れる。

 

この、たんぽぽ介護センターの老人を見て

感じたことの幾つかを抜粋。

 

僕なりに老人の目線で書いてみた。

  • ご褒美が欲しい。
  • 動きたい。
  • 消費したい。
  • 楽しみたい。
  • 自分の力で何かしたい。
  • みんなと一緒に楽しみたい。

 

こう書き出してみると、いくつになっても

人間の欲は変わらない事を痛感。

 

自分が払ったか家族が払ったかは別として

介護センターに入っているのなら、別に

働いたり動いたりしなくても良い訳です。

 

それなのに体を動かしたりリハビリしたり

しているわけです。

 

しかし、ただ動いたりするだけでは

はっきり言って飽きる。

 

その対策として施設通貨のシードを作り

頑張ったご褒美として支払われる。

 

がんばったご褒美がもらえればこの笑顔。

tanpoppokaigo-kanburia (6)

 

ギャンブル施設もありますが、これも

ちゃんと考えられています。

tanpoppokaigo-kanburia (2)

 

ギャンブルとは賭け事。

 

何も賭けず行う賭け事ほど面白くない

ものはありません。

 

なのでシードを賭ける。

 

仮想通貨を賭けるだけで実際のお金を

賭けるわけではないので違法にならない。

 

人生ゲームなどで、おもちゃのお金を

賭けるようなモノですね。

 

違いはその玩具のお金が実際に使えるか

どうかの問題。

 

なるほど、これだとお年寄りも楽しめる。

ただし、お年寄りはお客様。

 

お客様に楽しんでもらうためには

施設で働くスタッフの力が必要。

 

次は従業員について。

 

たんぽぽ介護センタースタッフについては

以下の通りだそう。

  • たんぽぽ介護センターの従業員の内9割がパートスタッフ。
  • さらに離職率も低い。
  • 子供を預けられる託児所がある。
  • 残業も一切なし。
  • 急な休みもOKという独自ルールがある。

 

上記の条件を見る限り働く環境的に

かなりゆるい職場に見える。

 

パートなので給料自体は安いのでしょう。

 

しかし、子供を預けられる施設があり

急な休みもOKであれば小さな子供を持つ

主婦の人にはありがたいでしょう。

 

ガッツリ働いてお金を稼ぎたい人には少し

不向きかもしれませんが、マイペースで

働きたい人にはちょうど良いかも。

 

会社もパートなので人件費を安く抑える

事ができてWIN-WIN。

 

これで理想の施設の出来上がり。

 

本当、よく考えられた施設。

自分の実際の働き方のお手本にしたい。

 

常に他人とWIN-WINの関係が出来るよう

考えて行動したいと思う。

スポンサードリンク

コメントを残す