世間が、いや世界が「パナマ文書」で賑わっているので自分もちょっと考えてみた。

「パナマ文書」の事で賑わっているので

僕の視点での一言。

man-1253004_1280

 

「脱税」が「節税」かは意見の別れる所

ではあるかと思います。

 

この際良い悪いは置いておきます。

 

「節税」については他にも色々できるとは

思います。例)寄付、宗教法人など。

 

しかしこれは日本国内の話で国外になると

話はまた別だと思います。

 

パナマ文書のリストは以下から見れます。

https://offshoreleaks.icij.org/#_ga=1.133786317.2123646972.1462792230

 

まあここで良い悪いはともかくとして

「自分の財産を守る」と言う意味では

工夫の1つにはなるんだろうな?

 

そんなふうに思います。

 

やり方を「知ってる」「知ってない」

こんな事を知る事が生きた勉強かも。

 

だって普通に生活していたら

「タックスヘイヴン」なんて知らんもん!

 

いやすいません、僕の勉強不足です。(汗)

 

もちろんちゃんと税金を払っている庶民は

こんな報道が出たら腹が立つと思います。

 

自分を含めて少ない収入から税金を納めて

がんばっているのに金持ちの方が税金を

納めていないなんて。

 

しかし富裕層からしたら「節税」としか

捉えてなくて当たり前なんだろうな。

 

何が言いたいかというと色んな感情が

湧き上がったので書きたかった。

  • 節税できるだけのお金があること。
  • そんな方法を知っていること。
  • それを実行に移す行動力。
  • 多少の妬み。
  • 感心するやら呆れるやら。

 

マスコミがどこまで切り込むか楽しみ。

どうせ切り込まないんだろうけど。(笑)

 

だってスポンサーが「パナマ文書」

関わっている事が多そうですもんね。

 

まあ叩くだけでなく、創意工夫している

と言う意味で見習おうかと思います。

 

もちろん脱税の勉強ではありません!(笑)

スポンサードリンク

コメントを残す