ヨーグルトメーカーを使ってヨーグルトを増やしていくと本当にお得なのか?実際の材料の値段から何回培養すれば、お金がいくら節約できるのか計算してみた。

ヨーグルトを作った時のコストについて。

money-okane
Nattanan KanchanapratによるPixabayからの画像

 

ほぼ毎週ヨーグルトを作っています。

それを見ていた家族が言った一言。

 

どれくらいお得になってるの?

 

もちろん、労力の割に対してお得に

なってないだろうと疑いの眼差しを

向けられながらの問いかけ。

 

そんなん、メッチャお得になってるに

決まってるやん!・・・多分。(汗)

 

一度、ちゃんと計算してみることにした。

 

日々、購入しているヨーグルトは

ビヒダスがほとんどを締めている。

yo-guruto-bihidasu (3)

近所のお店で買うと、消費税込みで

ざっくり150円ほどで計算。

 

お店の努力によりお安く購入させて

もらっております。

 

以下の記事でもそう書いている。

ヨーグルトメーカーで増やしたヨーグルトに、さらに甘めの美味しくなるモノを混ぜてみた。美味しすぎてヨーグルト単品で食べる事がなくなりました。

 

牛乳も約170円で計算。

ヨーグルトメーカー( Yogurt Maker )を使って実際にヨーグルトを作ってみた。やってみると思いのほか簡単で、お湯を沸かしたら道具は本体とスプーンのみでできました。

 

ここまで値段をまとめると

  • ビヒダスヨーグルト400ml 約150円
  • 牛乳1000ml 約170円

 

ヨーグルトメーカーの説明書には

総量の10分の1と書いている。

 

いつも1000mlほど作っているので

100mlでも作れる計算になる。

 

しかし、無理なく増やすために

タネのヨーグルトを200mlにして

総量1000mlにしている。

 

毎回、5倍増量していることになる。

 

ビヒダスヨーグルト400mlが約150円なので

200mlだと半分の75円。

 

800ml増えたことになるので計算すると

75×4=400(円)

 

増やしたヨーグルトをタネにしてさらに

増やしていくと

  • 2回めで800円
  • 3回目で1200円
  • 4回目で1600円

 

上記に、そのつど牛乳代170円がかかるので

  • 2回めで800円-170=630円
  • 3回目で1200円-170=1030円
  • 4回目で1600円-170=1430円

 

だいたい3回から4回は培養しているので

1000円以上はお得になってる。

 

これは家族に威張れる。(≧∇≦)b

 

ここに、ヨーグルトを美味しくいただく

必需品として最近は蜂蜜を買っている。

杉養蜂園(すぎようほうえん)で蜂蜜とゆず蜜を購入してみた。ヨーグルトに入れて食べ比べてみたり、ゆず蜜はソーダ水にして飲んでみたら最高でした。

 

ちなみに蜂蜜の値段は蜂蜜300g1500円

sugiyouhouen (13)

・・・4回の培養では赤字。(汗)

 

もちろん、1500円の蜂蜜を一回で使い切る

ことはありませんがトッピングの値段が

思ったよりも大きい。(汗)

 

本当は、ガス、水道、電気代などの

光熱費もかかってきますが無視。

 

ヨーグルトを作る手間暇のかかっている

自分自身の人件費も無視です。(笑)

 

これは、容器の消毒や操作に注意して

もう少し培養回数を増やしていかないと。

 

まあ、楽しんで作っているので

これはこれで良しとしましょう。(言い訳)

 

それでもヨーグルトメーカー代くらいは

とっくにペイされてると思います。

 

お安く美味しいヨーグルトがたくさん

食べることができて幸せ。

 

結論

ヨーグルトメーカーを使うとお得だが

トッピングの値段を抑えないと赤字。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください