静原城跡を目指してハイキングに行ってきました。本丸跡や二の丸跡とお仕切りが楽しめる。途中はロープなどで補強してくれているがGPSがないと道に迷うレベル。靴も登山靴で行くのが吉。

静原城跡を目指して

ハイキングに行ってきました。

 

ハイキングマップに書かれている

kuramadera-sannsenninn6 (4)

静原城跡では文明年間に山本佐渡守尚親が

支城として築いたとある。

文明年間(1469~87年)小倉山城(左京区)城主・山本佐渡守尚親が支城として築いたとも、2代後の山本対馬守資幹が明応年間(1492~1501年)に築いたとも云われる。

記録上では室町時代の『兼右卿記』に、弘治三年(1557年)三好長慶(みよしながよし)が山城国50余郷に賦役を課して築城し、土豪山本氏が守備したとされる。

実は上記の表記は本丸跡に設置されている

本丸跡で確認することができる。

sizuharajyouato (28)

sizuharajyouato (30)

戦国時代において最初の天下人と言われた

三好長慶(みよしながよし)が築城した城とも

言われており、書物によって史実が異なる。

 

明智光秀に攻められて落城した城としても

有名であり現在、大河ドラマで明智光秀を

取り上げられているのでちょうど良い。

 

静原城跡を目指して上った。

開始場所。

sizuharajyouato (5)

 

静原神社横から登山道へ入る。

sizuharajyouato (2)

静原神社と静原児童公園が隣接しており秋口には立派な紅葉や黄葉を見ることができる。神社の歴史は古く上賀茂神社と下鴨神社とのつながりも深い。

 

S-1番の左京消防団静原分団の標識を左へ

進むのだが貯水槽が目印。

sizuharajyouato (6)

 

これと言った道はないので、

GPS登山マップを頼りに登る。

sizuharajyouato (8)

 

こんなところに軟式ボールが落ちてる。

sizuharajyouato (10)

子どもたちがハイキングで登って来た?

 

もちろん子どもたちだけで来られる場所で

ないとは思うが地元民は違うのかな?

 

風化でボロボロになっているのだろう。

sizuharajyouato (11)

歩いていて感じたのは踏みしめた地面を

踏みしめた時にある枝が異様にもろい。

 

頂上の本丸が近くなってきたからか

この位置でロープが見られるようになった。

sizuharajyouato (16)

ちゃんとした道と標識はないが

方向が合っているのは確認できる。

 

目印と言えば京都洛北ライオンズクラブの

標識も道標になっている。

sizuharajyouato (19)

sizuharajyouato (20)

 

城谷山頂上の本丸跡に到着。

sizuharajyouato (26)

sizuharajyouato (33)

ハイキングマップに書かれてた通り

約40分で到着できた。

 

静原城跡の案内図がある。

sizuharajyouato (28)

 

曲輪(くるわ)と書かれているところを

来たはずだがイマイチ分からなかった。

sizuharajyouato (40)

 

台風などで壊れてしまったのか?

標識が割れている。

sizuharajyouato (31)

 

小学校の1年生がここまで登ってきた?

sizuharajyouato (32)

流石に大人が変わりに持ってきたと思う。

 

辺りには城の基礎に使われていたと思われる

大きめの石が多数見られる。

sizuharajyouato (34)

 

ふもとで見つけた巨大キノコと同種と

思わるモノで以前見つけたキノコの小型版。

sizuharajyouato (35)

ふもとで見たキノコ。

kuramadera-sannsenninn4 (1-1)

木の太さが下の写真の方が大きいので

大きく見えないが本物はだいぶ大きかった。

 

薬王坂方面に向かって北西側の景色。

sizuharajyouato (36)

こちらは斜面が急で堀切がイメージされる。

ロープが無いと登り降りは大変。

sizuharajyouato (42)

 

薬王坂方面から見た本丸跡。

sizuharajyouato (38)

 

二の丸へ向かって南東へ進みます。

sizuharajyouato (43)

 

結構急な坂道は曲輪のため?

sizuharajyouato (44)

こちらの道の方がロープがたくさんあり

整備されている感はあります。

 

しかし、倒木の激しさもこちらが上。

sizuharajyouato (46)

 

眼下に村の風景が見えてきました。

sizuharajyouato (47)

sizuharajyouato (48)

昔はもっと、見晴らしが良かったのかも。

城からの警備には最適な場所だったかも。

 

何やら足跡のようなものを発見。

sizuharajyouato (53)

どう見ても足跡にしか見えない。

イノシシか鹿?

 

堀切到着。

sizuharajyouato (58)

堀切や曲輪などを感じることができる場所。

 

堀切の場所に倒れた案内板。

sizuharajyouato (55)sizuharajyouato (56)

ちゃんと文字は書かれているが

倒れているのでどちらの方角を

指しているのかわからない。

 

曲輪左側(二の丸側)を登っていたら途中に

比較的新しいと思われる糞を発見した。

sizuharajyouato (57)

sizuharajyouato (66)

先程の新しそうな足跡と考えて

この近くに野生動物がいそう。

 

曲輪部分から見下ろすと転がり落ちそうな

急斜面を痛感する。

 

高いところなので見晴らしは良い。

sizuharajyouato (71)

 

曲林を下ると途端に現代物質の大きな

アンテナを見ることができた。

sizuharajyouato (72)

電波の入りやすいようにアンテナが

立っていたのかも。

 

アンテナがある同じ高さのところが

二の丸跡になります。

sizuharajyouato (79)

sizuharajyouato (29-1)

 

この辺は石積みをたくさん確認できて

一番城跡を感じられる。

 

傾斜を降りるため先へ進むとロープが

たくさん張られていて助かる。

sizuharajyouato (77)

この辺は曲輪の影響で傾斜が急なので

ロープをつけてくれたと思われる。

 

またしても小学生の作品が。

sizuharajyouato (84)

書いてるモノを読もうと思うと

山の傾斜が激しく危険。(笑)

 

絶対小学生が付けたモノじゃない。(笑)

 

ふもとが見えてきた。

sizuharajyouato (85)

しかし、この辺で出口が分からない。

 

川を渡れる場所を探して迂回してると

階段ぽいモノを発見。

sizuharajyouato (89)

sizuharajyouato (91)

 

車が通った跡のある道へでました。

sizuharajyouato (94)

左側から出てきた。

右手には標識がある。

 

ちゃんと城跡と表記されている。

sizuharajyouato (93)

こちら側から登ると道に迷いにくかった?

 

静原小学校が近くにあるので小学生は

学校からスグに城跡に行ける環境ではある。

 

黒い棒で囲まれているのは城跡への道。

sizuharajyouato (95)

ここから出てきました。

 

小学校に向かって歩いてみる。

sizuharajyouato (96)

 

クマ出没注意と書いてあった。(ガクブル)

sizuharajyouato (98)

 

立派な家が目印。

立派な家の左側から歩いてきた。

sizuharajyouato (99-1)

 

出口が分からなければ、こんな倒木エリア

の中を歩かなければいけなかったかと思うと

ゾッとした。

sizuharajyouato (102)

 

近くにある畑を見ると電線と思われるモノで

畑を覆っておりガードされていた。

sizuharajyouato (105)

やはり獣害が酷いのか。

 

静原小学校に到着。

sizuharajyouato-sizuharasyougakkou (113)

 

静原小学校からの風景。

sizuharajyouato-sizuharasyougakkou (107)

小学校正面にはたった今下山してきた

静原城跡のある城山がある。

 

学校の真ん前にバス停。

sizuharajyouato-sizuharasyougakkou (118)

 

「右参道」と書かれた石碑がありますが

どう向かっての「右」かは不明。

sizuharajyouato-sizuharasyougakkou (115)

静原神社までを表してる?

 

隣にはハイキングマップがある。

その下の部分に「お願い」の文字。

sizuharajyouato-sizuharasyougakkou (111)

狩猟期間中のハイキングには注意してください。

特に単独行動には注意を払い、コースから外れないようにしてください。(狩猟期間11月15日~翌年2月15日 要確認)

 

コースから外れた人は

銃で打たれる可能性があるということ。

 

大きく道を外れたら撃たれるってこと?

 

自分的には、ふもとで道がわからなくなり

ウロウロしていたので危なかったのでは?

 

ちょっと嫌な汗が出てきた。(汗)

 

さて、静原小学校に目をやると煙突が見える。

sizuharajyouato-sizuharasyougakkou (120)

町中ではあまり見られなくなった焼却炉?

カマドっぽい気もするが。

 

使っているのなら何となく羨ましい。

 

あとは散歩がてら出発地点である

静原神社まで歩きました。

 

今回の全経路図。

sizuharajyouato-sizuharasyougakkou (123)

 

今回歩いてみて感じたのは

ハイキングと言うには「過酷」。

 

大して道が整備されているわけでもなく

この地に慣れていなにのであればGPSと

登山用シューズは必須。

まあ、GPSはスマホで十分でした。

慣れたら手軽にハイキングになりそう。

 

静原城跡

住所:京都府京都市左京区静市静原町

スポンサードリンク

2 thoughts on “静原城跡を目指してハイキングに行ってきました。本丸跡や二の丸跡とお仕切りが楽しめる。途中はロープなどで補強してくれているがGPSがないと道に迷うレベル。靴も登山靴で行くのが吉。

  1. ピンバック: 静原神社と静原児童公園が隣接しており秋口には立派な紅葉や黄葉を見ることができる。神社の歴史は古く上賀茂神社と下鴨神社とのつながりも深い。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けな

  2. ピンバック: 岩倉上蔵(あぐら)城跡へ行ってきました。案内図のない城跡へは初めて行ったので城跡縄張り図などの資料の必要性を痛感。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください