御土居の中で最北端にあり、一番川沿いに現存するもの。スグ近くにもう一つあり2つに別れていて堀川通を挟んで2つ同時に見られる。

8番 北区紫竹上長目町・堀川町にある御土居。

odoi-takagaminekyuudoityou2 (6)

御土居の中で最北端。

 

現物

odoi-sitikukaminagametyou (1)

 

紫竹上長目町の読み方は

しちくかみながめちょう。

odoi-sitikukaminagametyou (2)

 

今まで何度も通っていたが

全然気づかなかった。(汗)

 

それこそ車やバイクや自転車で

腐るほど通り過ぎていました。

 

たぶん視界には入っていたのですが

工事途中の盛り土扱いでした。

 

歴史的価値を知らないとはっきり言って

ただの工事途中の盛り土。

 

堀川と加茂街道の合流地点なので

危険回避のため、先の道路しか見てない。

 

心と目視の両方死角である。

 

こちらの御土居は堀川を挟んで

二つに分かれている。

 

9つの御土居の中で一番高さが低い。

1番川に近いのになぜなんだろう?

 

川側の御土居は建物とのあいだに

ぽつねんとある感じ。

odoi-sitikukaminagametyou (10)

 

すぐ近くに水路があり御土居にそって

水が流れている感じ。

odoi-sitikukaminagametyou (9)

 

一方の御土居は住宅地の隣にある。

odoi-sitikukaminagametyou (19)

二つの御土居の位置関係から、もともと

あった御土居を潰して住宅を建てたことが

推測される。

 

後に調べてみると行政指導にも関わらず

御土居を破壊して建物を建てたよう。

 

御土居マップより

http://www.ninomiyashoten.co.jp/kml/ictz/105/fig1.kml

(グーグルアースを利用すると御土居の地図が見られる)

 

キャッシュで本文が読めます

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=Jv4x5ZYtCJ8J&p=%E5%BE%A1%E5%9C%9F%E5%B1%85%E7%A0%B4%E5%A3%8A&u=www.ninomiyashoten.co.jp%2Fkml%2Fictz%2F105%2Ffig1.kml

 

1964年、建設業者が京都府行政の

再三にわたる制止を無視して破壊。

 

御土居を破壊されたのが1964年なので

日本の高度経済成長時代。

 

イケイケドンドンで建築業者が力を持ってい

日本を開発していた時代。

 

目に浮かぶようです。

 

1930年(昭和5年)に国の史跡として

指定されているので法律違反。

odoi-sitikukaminagametyou (17)

odoi-sitikukaminagametyou (20)

歴史的価値と未来への開拓が

せめぎ合うのは今も昔も変わらない。

 

立派な御土居がもったいない。

odoi-sitikukaminagametyou (21)

 

先の工事が無くとも2つに別れている御土居。

 

御土居を二つに分けている堀川通も

昔は、こんなに車が通れるほど

広くなかったのでは?

odoi-sitikukaminagametyou (7)

また、堀川通自体も御土居の部分で

行き止まりだったのでは?

 

すぐ近くに加茂川中学校があり

歴史の勉強のとっかかりとして

素晴らしい教材がリアルで近くにある。

odoi-sitikukaminagametyou (12)

生徒達が歴史的に重要なものと認識して

くれるかどうかは別問題ですが。

 

史跡 (最北端)御土居

住所:京都府京都市北区紫竹上堀川町

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください