廃村八丁小屋に何とか行くことができました。ガイドもなしに自分が行ける範囲で行ったので行けなかった場所や行きにくかった所のログと地図を置いておきます。

やっと八丁小屋に着きました。

記念の書き込みと足跡を残します。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (88)_thumb

今まで八丁小屋に行く行く詐欺を

していましたが、今回の3回目にして

やっと到達しました。

 

3度目の正直。

1回目

 

2回目

 

出発時の天気は曇り空。

途中の花背峠では12℃。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (1)_thumb

時間は午前8時なのでこれから

温度が上がる事を期待する。

 

道中トイレに行きたくなったのですが

交流の森まで10kmもある。(汗)

 

他にトイレがる所が思いつかないので

交流の森を目指す。

 

交流の森に到着。

下見が役に立った。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (7)_thumb

 

駐車場は右手で左奥に見えるのがトイレ。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (6)_thumb

 

交流の森のトイレは朝から開放してくれて

いてくれて助かった。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (2)_thumb

たぶん24時間トイレは使えそう。

 

男子トイレだけかもしれないが

扉に鍵がなかったのは安全のため?

 

スッキリしたところで目的地を目指す。

目的地に近づくほど気温が下がる。

 

この時の温度は9℃で一桁。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (8)_thumb

 

目的地に到着。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (10)_thumb

写真は広河原菅原停留所から。

 

曇っているけど天気予報の晴れを信じて

八丁小屋を目指して進みます。

 

この辺も紅葉が見られるようになった。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (11)_thumb

 

最後の民家前で入山の儀式。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (13)_thumb

地図とGPSを確認して入山。

 

いつもの最初にある小川を越えて

案内板のある場所に到着。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (17)_thumb

 

お、前回帰宅する際に置いておいた

杖代わりに使用した木の枝が残っている。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (19)_thumb

 

今回は歩きやすい尾根コースから。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (20)_thumb

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (18)_thumb

 

尾根に出た。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (25)_thumb

寒かったのでズボンと上着を多めに着用

してきたが暑くなってきたので脱ぐ。

 

入り口付近に近いせいか尾根では

スマホの電波が入る。

 

雨が降ってきたが小雨なので進む。

晴れの予報だったのに!

 

いつの間にか道がちょっとずれてる。

どうりで斜面が急なわけだ。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (28)_thumb

もう、そのまま登る。

 

通り過ぎたが現在地の確認を含めて

目標の1つであるダンノ峠の看板がある所まで

戻って案内板を確認。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (32)_thumb

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (30)_thumb

 

雨宿り中の写真。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (33)_thumb

結構ガチで降ってきたが見えるかな?

 

それでなくても足場が悪いのに

雨で地面が滑りやすくなる。

 

何より雨が止むかどうか不安。

 

以前見た同志社大学研究所まで行けば

少なくとも雨宿りはできる。

ダンノ峠の不思議な空間を満喫。ロープがあれば廃村八丁へ行けたが無いので断念。迂回するにも道がわからず八丁小屋への登山は断念。

 

途中に見覚えのなる不思議な木。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (35)_thumb

 

研究所が見えてきた頃には雨脚は弱く

止みそうになっていた。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (36)_thumb

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (37)_thumb

 

研究所の場所はこの辺り。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (38)_thumb

 

しばらく進むと前回に引き返した場所

到着しました。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (41)_thumb[1]

 

この時、地図にある点線通り北西へ行けば

すんなり行けたと思われる。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (40-1)_thumb

 

しかしこの時は、他の人が行ったログを

インターネットで見たので南に登ってみた。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (42)_thumb

きつい傾斜を登って先へ進むとロープを

確認できました。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (43)_thumb[1]

しかし、ロープ先の傾斜がひどく急で

下に落ちていきそう。

 

危険を感じたのでかなり引き返してから

南側の川側に到着。

 

振り返れば向こうの方に滝が見える。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (44)_thumb[1]

かなり引き返して降りられそうな場所を

探したが見つからず。

 

結局かなりの傾斜を降りることに。

 

もしこれから先の道が分からず

いま来た傾斜を戻るとすると

かなりの労力が必要。

 

今までの川沿いは大きくても石の形を

していたがこちらは岩場ばかり。

 

足元もよく滑って危険。

何度滑ってころんだことか。

 

奥に滝が見えたので近づいてみたが

ご覧のような滑る岩ばかり。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (45)_thumb[1]

 

それでも頑張って滝の方に歩いたが

大きな水たまりがあり先へ行くのは断念。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (46)_thumb[2]

 

せめてズームで撮ってみた。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (47)_thumb[1]

先へ進みます。

 

八丁方向の渓流。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (56)_thumb

流木の残骸しかありません。(泣)

 

それでも頑張って進んでいくと

立ち往生して迂回した川の向こう側に到着。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (57)_thumb

 

もともと進もうとした川方向。

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (58)_thumb[1]

なんと滝になっていた。(驚き)

 

滝があるのでそのまま進んでたらと

思うとゾッとします。

 

急な傾斜を迂回した甲斐がありました。

 

そう思い倒木だらけの沢を歩いていくと

またもや滝が現れた。(泣)

haisonhattyou-2019-11-11 08.01.59 (63)

さて、どうしよう。(泣)

長くなったので次回に続きます。

スポンサードリンク

1 thought on “廃村八丁小屋に何とか行くことができました。ガイドもなしに自分が行ける範囲で行ったので行けなかった場所や行きにくかった所のログと地図を置いておきます。

  1. ピンバック: 廃村八丁に到着。いくつかの滝を迂回しつつ何とか目的地に着くことができました。なんと小屋には管理人さんがいて話を聞くことができました。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください