廃村八丁を目指してのウォーキング&登山。第一目標のダンノ峠に到着したので周りの風景を観察。自然いっぱいの中に同志社大学の研究室を発見!

今回こそ廃村八丁へ行く!

 

以前は倒木にビビって廃村八丁に

行くのを断念した経緯がある。

そんな誓いを胸に今回も広河原菅原町

(ひろがわらすがはらちょう)にやってきた。

 

もうお馴染みになった広河原菅原停留所

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (3)

 

道中は道路の温度表示は15度。

天気は曇っていてイマイチ。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (2)

 

天気は怪しいが準備万端で来たつもり

なので遭難することはないハズ

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (4)

現在の時間は11時20分。

登山やハイキングにはだいぶ遅い。

 

水とお茶を用意したので、もし万が一

遭難しても1日くらいは持つでしょう。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (1)

 

ガスボンベと鍋焼きうどんを用意したので

廃村八丁で食べるつもり。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (73)

 

準備万端と言いながらデジカメの充電が

切れていることが発覚。

 

全然、準備万端ではない。(汗)

 

デジカメは使い物にならなかったので

道中の写真はスマホで撮影。

 

不安を抱えながら出発。

橋のふもとの川は相変わらずキレイ。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (5)

 

登山道に入る前の最後の民家前。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (6)

電波が入る最後の場所なので

スマホアプリで現在地と地図の確認。

 

念の為、スマホとタブレットの両方を

用意してきた。

 

ジオグラフィカ | 登山用GPS

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (7)

 

Google Mapsでは見えなかった川も

このアプリなら表示された。

 

結果的にかなり役に立った。

山登りには手放せないレベル。

 

橋のある見覚えのある場所に来ました。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (8)

ここまでに前回の経験を生かして

杖になる木の枝をゲットして歩いている。

 

壊れた廃村八丁への道標がある。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (9)

 

少し進むとちょうど川と道の分岐点。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (12)

 

ジオグラフィカではしっかりと細い渓流も

表示されているので心強い。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (11)

 

前回断念した右側へ進みます。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (13)

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (14)

この表示のことをもう少し調べていれば

もっと楽に登山できた。

 

この時はコースが2つに別れている意味が

分かっていなかった。

 

尾根コースとか沢コースとか

全然分かれてないなあとか思っていた。

 

シダ植物をはじめ自然が溢れている。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (15)

 

倒木が激しく前回引き返した場所。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (16)

今回は方向もしっかり分かっているので

先へ進む。

 

渓流を歩くことになったが流木が多く

景観はイマイチでとても歩きにくい。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (18)

 

現在地

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (17)

 

巨大な岩の横を歩く。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (19)

 

この辺は渓流というより木ばっかり。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (20)

木にびっちり苔が生えているので

現状が変化ないことを表す。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (21)

 

渓流の分岐点に見えるが地図では

川の存在は消えている。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (22)

 

地図上では川さえもない。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (23)

 

後は真っ直ぐ行くだけなので左の渓流を

選択して登ってみた。

 

しばらく歩いてから気づいたが

道のようになっていたので振り向いて撮影。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (24)

 

先の方も道っぽい。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (26)

 

見晴らしの良い場所に出た。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (27)

右側には人工的なライオンズクラブの文字。

 

ダンノ峠の文字が中心にある標識。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (28)

どうやら、ダンノ峠に到着したらしい。

 

一瞬のお茶休憩をして八丁の文字方面へ。 

横にはハッキリした表示があった。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (29)

 

少し開けたところを歩いていると

静かだが色んな物音があって少し怖い。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (30)

ふもとでは「熊に注意」とも書いてあって

物音に敏感になる。

 

近くで蜂のような羽音が聞こえで逃げる。

蜂ではないかもしれないが怖い。

 

少し色づいた紅葉を発見。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (31)

 

さらに先に進むと山の中には

似つかわしくない民家がある。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (32)

近づくと同志社大学の研究室らしい。

長くなりそうなので続きは次回

 

続きの記事

ダンノ峠の不思議な空間を満喫。ロープがあれば廃村八丁へ行けたが無いので断念。迂回するにも道がわからず八丁小屋への登山は断念。

スポンサードリンク

1 thought on “廃村八丁を目指してのウォーキング&登山。第一目標のダンノ峠に到着したので周りの風景を観察。自然いっぱいの中に同志社大学の研究室を発見!

  1. ピンバック: ダンノ峠の不思議な空間を満喫。ロープがあれば廃村八丁へ行けたが無いので断念。迂回するにも道がわからず八丁小屋への登山は断念。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください