京都市の廃村八丁を目指して登山してみた。デジタル製品を用意して持っていきましたが現地ではほとんど使えなかった。(前編)

今回は京都の秘境と呼ばれる廃村八丁へ

行ってみることにしました。

 

前日に用意したのはデジタルコンパスと

ブルートゥースワイヤレスイヤホンマイク。

 

デジタルコンパス。

haisonhattyou (71)

haisonhattyou (72)

 

後は登山シューズのみ。

手袋は忘れてしまった。

 

いつも持っているモバイルバッテリーと

スマホは当然持っていきました。

 

前日に用意したマイクをつけて出発。

Bluetoothワイヤレスイヤホンマイクmitas(ミタス)ER-BESSを購入してみました。目的は音声入力を使った記事作成。うまく行けば、あるきながらでも気軽に入力できる。

 

試しに音声入力してみます。

haisonhattyou (1)

うまく入力できました。

 

思いのほか改行がうまくいってる。

めっちゃ快適に入力できてます。

 

八丁小屋までナビを入力しようとすると

ローカル地域なのかどうかで、なかなか

うまくいきません。

 

地図上でなんとかそれらしいところを

選択してナビの設定は終了。

 

マイクを付けて思うがままに発信。

文字入力が簡単にできて楽ちん。

 

花脊峠到着。

haisonhattyou (1)

以前ママチャリで来たっきり。

 

あの時は暗くなってから帰ることになって

怖い思いをしたが、今回はどうか。

 

花背峠の気温は24度とだいぶ涼しい。

目的地の八丁も多分温度は低いでしょう。

 

天気悪くなってきたなあ。

haisonhattyou (3)

花脊山の家を通過してこの先は未知の世界。

ワクワクします。

 

しかし、気持ちとは裏腹に天気が悪い。

小雨が降ってきた。

 

こんなところに交流の森が。

帰り寄ってみよう。

haisonhattyou (5)

 

目的地のバス停に到着。

広河原菅原停留所

haisonhattyou (7)

 

思ったより便がある。

haisonhattyou (10)

 

バス停の前の橋を渡ると登山道。

haisonhattyou (12)

 

橋の上には登山者への注意書き。

haisonhattyou (13)

実際遭難している人も多いそうです。

 

観光トイレの表示もありましたが

見渡す限り見当たらなかった。

haisonhattyou (14)

近くの民家にあるのかな?

 

雲の流れが早く、少し晴れてきたので

登山ハイキングを決行。

haisonhattyou (15)

登山靴に履き替えて出発。

 

現在地から目的地の八丁小屋までの地図。

haisonhattyou (2)

 

最初の分岐は右へ。

haisonhattyou (16)

川釣りをしていた少年に挨拶された所が

最後の民家でそれを過ぎると山林道。

 

木々にピンクのリボンが付いているのは

ハイキングコースの目印?

haisonhattyou (17)

haisonhattyou (18)

 

いきなり小川を渡る事に。

haisonhattyou (19)

奥には丸太の橋があるが高くて怖い。

濡れないように石の上を渡りました。

 

登山靴にして大正解。

haisonhattyou (20)

ランニングシューズで来ようと思って

来たのですが山を舐めてました。

 

後々、これが大正解になります。

 

丸太の橋に体重をかけてみましたが

渡れそうでした。

haisonhattyou (21)

 

次に土管のある場所。

haisonhattyou (22)

 

土管の場所を越えると標識を発見できた。

haisonhattyou (23)

 

次に続く。

京都市の廃村八丁を目指して登山してみた。デジタル製品を用意して持っていきましたが現地ではほとんど使えなかった。(後編)

スポンサードリンク

3 thoughts on “京都市の廃村八丁を目指して登山してみた。デジタル製品を用意して持っていきましたが現地ではほとんど使えなかった。(前編)

  1. ピンバック: 京都市の廃村八丁を目指して登山してみた。デジタル製品を用意して持っていきましたが現地ではほとんど使えなかった。(後編) | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

  2. ピンバック: 広河原菅原停留所側から八丁小屋を目指すも行けなかったので、別の道から廃村八丁へアプローチしてみた。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

  3. ピンバック: マックさんの家は場所的に宝ヶ池の隠れ家的なお店。昔はステッカーを配っていたりして、バイクや車に貼って楽しんでいた当時からの名店。もちろん料理は最高! | 人生一度!腰椎破裂骨

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください