ダンノ峠の不思議な空間を満喫。ロープがあれば廃村八丁へ行けたが無いので断念。迂回するにも道がわからず八丁小屋への登山は断念。

前回の続き

廃村八丁を目指してのウォーキング&登山。第一目標のダンノ峠に到着したので周りの風景を観察。自然いっぱいの中に同志社大学の研究室を発見!

 

同志社大学自然環境研究室

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (34)

 

向かい側にはトイレ。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (36)

建物は写真のように傾いている。

 

少しさびしいところを歩いてきたので

建物に出会えて少しホッとします。

 

立派なキノコがあったので撮影。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (37)

 

実はきのこのあった場所は渓流の付近。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (43)

 

渓流の先が若干の滝の様になっていて

立ち往生していた。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (44)

写真を撮ったところは川の中で不安定な

滑る石の上で撮影。

 

この辺なんかはバランスを崩すと

下に落ちそうで怖かった。

 

ここから下に降りるにはロープが必要。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (45)

上に見える木にロープを引っ掛けると

安全に下に降りられるのに。

 

ロープは持っていないので引き返して

他に道がないか迂回して歩いた。

 

目印があったので先へ行くと

迂回の距離が足らず元の滝の場所へ。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (38)

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (42)

 

元の場所。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (43)

 

たくさんのキノコは見つけたのに

目的の道は見つからず。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (40)

現在の時間で14時前だったので

廃村八丁への到着は諦める。

 

同志社大学自然環境研究室まで戻って

昼食を食べた。

 

敷物を敷いてゆっくり腰を下ろして昼食。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (47)

 

コンロで鍋焼きうどんはヤメておいた。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (73)

やはり本当の目的地の廃村八丁で

ゆっくりと温かい食事を味わいたい。

 

持ってきたおにぎりで我慢。

 

下山に時間がかかると暗くなって

道が見えなくなる可能性があるので

ゆっくりはしていられない。

 

次こそは早く広河原菅原停留所に来て

登山しようと反省。

 

食事を済ませ少し休憩してから研究室を

あとにして気づいた。

 

杖代わりの木の枝を忘れた。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (49)

この辺は疲れのためか朦朧としている。

 

こまめな休憩を取っていなかった事を

反省しつつ帰路を急ぐ。

 

廃村八丁へ行かないことを決めたので

若干の時間と気持ちの余裕ができた。

 

周りを見渡して気になるものを撮影。

 

木の中が空洞になっていて

魔法の森に紛れ込んだ気分。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (50)

 

こんなところにビール瓶。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (51)

慣れた人には静かな宴会場所?

 

自分が歩いている場所が今ひとつ

どこか分からずに歩いていた。

 

ダンノ峠の標識の場所に

到着したが歩いてきた道が全然分からず

狐につままれた感覚。

 

本当に地図とGPSの必要性を感じた

 

下山していると歩きやすい場所に出た。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (54)

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (52)

地図の点線が尾根になっていることに

今更ながら気づいた。

 

倒木があるがしっかりと道はある。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (55)

 

いたるところにキノコが生えてる。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (56)

 

何となく見覚えのある場所に出てきた。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (57)

 

目印の右側は広い場所で道が続いている。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (58)

 

目印の場所を真っ直ぐ降りても行けそう。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (59)

 

広い道を降りると見覚えのある風景。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (62)

確か以前にも見た。

 

目印の場所から矢印のように歩ける。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (61)

 

歩いた先は・・・そう最初の分岐点。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (65)

川にそってあるき始めた地点。

 

尾根コースとはほとんど真上。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (63)

この辺を突っ切れば良かった。(泣)

 

もう少し分かるように表示してくれても

バチは当たらないと思います。

(八つ当たり)

 

流木で歩きにくい沢を選択しなくても

尾根コースで気軽に歩けた。

 

まあ、これで次からは楽にダンノ峠には

行くことができる。

 

杖代わりの枝はすごく助けてくれた。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (67)

 

持ち手の部分がピカピカになるほど

握りしめていた。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (68)

やはり杖は必要でした。

今回も天然の杖には助けられました。

 

やっと民家の前にたどり着いた。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (70)

 

それにしても情緒のあるお家。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (71)

 

車に到着してから、少しゆっくりして帰宅開始。

 

この時点で16時半で外灯が点灯するほど

暗くなり雨も降ってきた。

hirogawarasugawaratyou-dannotouge (72)

廃村八丁にこだわって先へ進んでいたら

ビバークになるところでした。

 

次こそは早く現地に到着して

廃村八丁を目指します。

 

先人の人たちの登山経路やアドバイスを

ネットで調べて次こそ廃村八丁を目指す!

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください