ダムの中に家がある意味が分からない。どうやら紙屋川砂防ダム内に戦後のどさくさで不法占拠して建築した朝鮮部落の1角らしい。面白そうなので金閣寺を起点に行ってみた。

京都の町中にあるダムの中に

家があるがあるという。

mamiyagawa (23)

ダムの中に家があると言えば

ダムを建設して今まで存在していた

村全部が水没してしまったイメージ。

 

そんなイメージしか出てこないが

そんな事は京都市内で聞いたことない。

 

そもそもそのダムの水は枯れていて

機能していいないダムなのかも。

 

ダムの跡地に家を建てた?

 

調べてみると金閣寺のちょっと北にある

衣笠開キ町にあるダムのことらしい。

 

衣笠に貯水ダムなんてあったかなあ。

 

さすがにそんなところに貯水ダムのような

大きなダムはありません。

 

どうやら土石流などの土砂災害に対しての

安全を確保するための防砂ダムがあるらしい。

 

目的地の名前は紙屋川砂防ダム

mamiyagawa (11)

比較的近所ので自転車で行ってみた。

 

京都に50年以上住んでる人でも、

ダムがあったかどうか憶えていない場所。

 

ましてやダムの中に人が住んでいる?

そういえば聞いたことがあるなあ・・・

 

部落やったっけ?といったレベル。

どうやら部落関係のようだ。

 

単純にダムの中に家があり、そこで本当に

人が暮らしている人がいるのか?

 

どんなところか単純に興味本位で

行ってみた。

 

確かに昔は、危ないところには近寄っては

イケないと教えてもらっていた。

 

特に小学生や中学生などの時に

正しい指導を受けていれば、少しでも

危ないところに行かないであろう。

 

部落はともかく、水辺の近くには

近寄らなかっとしても不思議でない。

 

結果、長年京都に住んでいても知らずに

いたとしても不思議ではない。

 

京都市内のメイン通りの1つである

西大路通りと鞍馬口通の交差点。

mamiyagawa (2)

mamiyagawa (1)

写真の先に鹿苑寺こと金閣寺がある。

 

目標地点は金閣寺前から歩いても

10数分程度の距離。

mamiyagawa (5)

しかし、上りの傾斜がすごいので

歩くと結構つかれる。

 

自転車では言わずもがな。

 

右へ行くとメイン通りの北大路通だが

左の細い道へ進む。

mamiyagawa (6)

mamiyagawa (7-1)

 

イースタン尊上院を右へ行ってみる。

mamiyagawa (8-1)

 

結構な下り坂。

mamiyagawa (9)

向こうの方に大学の校舎も見える。

 

ダムの前の橋に到着。

mamiyagawa (10)

 

橋の名前はひらきさんごうきょう

mamiyagawa (12)

 

紙屋川砂防ダム

mamiyagawa (11)

右側はほとんど草に覆われているが

それを加味してもそれほど大きなダムではない。

 

ダムを見るのには、橋からの眺めが1番だが

この辺りからダムの中には入れない。

 

先程のかなりの傾斜である道を戻る。

 

ダムの中に行くにはイースタン尊上院を

まっすぐ行かないといけないようだ。

 

入り口らしきものを発見!

mamiyagawa (16-1)

 

バリケードが見えるので先へ進む。

mamiyagawa (13)

 

景色が開けたが、目の前にはバリケード。

mamiyagawa (18)

 

京都府京都市土木事務所から

工作物の禁止についてと廃屋を撤去した

掲示物があります。

mamiyagawa (19)

ダムの中に入るといたるところに

この掲示物が貼られていました。

 

ここからはもうすでに、無許可の建物。

すぐ右手にある家もその1つなんだろう。

mamiyagawa (20)

 

どうやらガスはプロパンガスを使用。

mamiyagawa (22)

 

建物がなければ見晴らしも良いのだろう。

mamiyagawa (23)

しっかりした足場も見える。

 

ここからはなんとなく先へ進みづらい雰囲気。

 

本来なら危険区域ということで

立入禁止になっていても不思議ではない。

 

そんな所に家があるミスマッチが

いい歳をしたおっさんの冒険心をくすぐる。

 

中の様子のレポートが長くなったので

次回へ続く。

紙屋川砂防ダム内は不法占拠による戦後のどさくさに建てられた建物が多数ある。普通では味わえない朝鮮部落の1角である集落を堪能してきた。

 

紙屋川砂防ダム

住所:京都府京都市北区衣笠開キ町

スポンサードリンク

4 thoughts on “ダムの中に家がある意味が分からない。どうやら紙屋川砂防ダム内に戦後のどさくさで不法占拠して建築した朝鮮部落の1角らしい。面白そうなので金閣寺を起点に行ってみた。

  1. ピンバック: 紙屋川砂防ダム内は不法占拠による戦後のどさくさに建てられた建物が多数ある。普通では味わえない朝鮮部落の1角である集落を堪能してきた。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

  2. ピンバック: 紙屋川砂防ダム内は不法占拠による戦後のどさくさに建てられた建物が多数ある。普通では味わえない朝鮮部落の1角である集落を堪能してきた。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

  3. ピンバック: 楽只(らくし)地区に行ってきました。同和地区としても有名で朝鮮部落の町でもある。キレイな住宅が立ち並ぶも、古い住宅が昔の雰囲気を醸し出している。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも

  4. ピンバック: 御土居鷹峯(南)は公園として整備されているが自然感満載な場所。目の前には元京都朝鮮第3初級学校があり、スグ近くにはダムの内側にある不法占拠の家を見ることができる。 | 人生一度!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください