タンポポは佛教大学の近くで、ビジュアルも味もインパクトのある男ラーメン。パンチのある見た目と味で中毒になること間違いない。

京都市内で北の方にあるラーメン屋さん。

 

ラーメンたんぽぽ

ra-menntannpopo (1)

メイン通りの一つ千本通ではあるが

ローカルな場所。

 

佛教大学がスグ近くにあるので

それを考えると立地は悪くないかも。

 

店頭には提灯お化けが見える。

ra-menntannpopo (2)

 

駐車上のナンバーが書かれている。

ra-menntannpopo (3)

5台は駐車できる。

駐車場はお店の裏側。

 

お店の店頭をみると、提灯お化けがいるが、

ぱっと見てお店そのものにそれほど

インパクトはありません。

 

しかし、ネットで見たラーメン画像では

凄まじくインパクト大。

 

ワクワクしながらお店に入ります。

平日のお昼時だからか、ほぼ満席。

 

唯一カウンターの席が空いていたので

ラッキーにも案内してもらえた。

 

お客さんは全員が男性。

学生と土木作業員らしき人のみ。

 

これだけでどんなラーメンか想像がつく。

 

きっと、男どもの期待を裏切らない

コッテリ系であろう。

 

注文したのは焼き飯セット。

ra-menntannpopo (12)

ra-menntannpopo (6)

 

まずは焼き飯

ra-menntannpopo (4)

盛り付けは何それ?味に関係あるの?

みたいな男らしい盛り付け。(笑)

 

味の濃い普通の焼き飯といった感じ。

味も普通に美味しい。

 

少し遅れてラーメン登場。

ra-menntannpopo (5)

写真で見た通りインパクトのある外見。

インパクトがあるのは色のせい?

 

どんぶりの縁に付いた赤色が凶悪そう。

どうやら唐辛子が入っている模様。

見た目は背脂チャッチャ系のラーメン。

 

こってりしてそうですが、そこに唐辛子が

どう絡んでくるのか楽しみ。

 

で、実際にスープを飲んでみると

コッテリしているにあっさり。

 

背脂でコッテリしたスープのくどさを

唐辛子がサッパリと仕上げてます。

 

多めのネギもサッパリ味に一役買ってる。

 

こんなに味の濃いスープがあっさりと

飲めてしまうので危険です。(笑)

 

麺はストレートで濃いスープが少しだけ

巻き込んで美味しくいただける。

 

背脂で隠れたスープの中にシナチクと

チャーシューが隠れています。

ra-menntannpopo (7)

ra-menntannpopo (9)

しかもチャーシューは大きいのが2枚。

これは、男性諸君は虜になる味。

 

近くの大学生や肉体労働をしている男性は

ガツン!と来る味のラーメンの虜になって

いるに違いない!

 

ちなみに僕もこの濃いラーメンの

虜になりました。

 

これでも物足りない人用に、ニンニクや

塩コショウも味付け用に用意されてる。

ra-menntannpopo (11)

 

嘘か真か店内持ち込み自由の文字が。

 

店内にはお客さんが一杯で写真撮影は

遠慮したので写真はありませんが

本当に書いていました。

 

店員さんは男性二人で、一人は調理と

接客をこなしていたのでかなり忙しい。

 

色々と話しを聞きたかったのですが

流石にお店の邪魔はできません。

 

夜も遅くまでやっているので、

その時にでも話をしたいと思います。

 

ラーメンたんぽぽ

住所:京都府京都市北区紫野西蓮台野町57

営業時間:

月~土曜日

  • 11:30~23:00(L.O.22:45)

日曜日

  • 11:30~15:00(L.O.14:45)
  • 17:00~21:00(L.O.20:45)

定休日:不定休

TEL:075-493-8594

駐車場:あり

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください