「Broken Link Checker」の新しい英語表記版は有料なので注意。リンクでURLの数が500以上あるブログは全部チェックしてくれないのでやめときましよう。お金を払うなら別ですが。

Broken Link Checker

Broken-Link- Checker (4)

 

Broken Link Checkerで検索して見ると

二種類のBroken Link Checkerが表示されます。

Broken-Link- Checker (1)

 

昔から使っている人は左の画像の

Broken Link Checkerを使っている人が多い。

Broken-Link- Checker (2)

 

しかし、現在では互換性に関しては

未検証で動作が保証されていません。

 

対して左側のBroken Link Checkerは

現在最新のWordPressのバージョンとの

互換性があるとのこと。

 

先程のプラグインと比べて

有効インストール数の差がかなり違う。

 

インストール数が少ないのは

新しいプラグインだから?

 

それともイケてない方?

気になるのでインストールしてみた。

 

巷では古いBroken Link Checkerについて

書かれている記事が多いので、あえて

新しい方のプラグインをインストール。

 

有効化してみた。

Broken-Link- Checker (5)

 

WordPressのサイドバーにLink Checkerの

文字が表示された。

Broken-Link- Checker (6)

メニューは4つ。

  • Link Checker
  • News
  • Scheduler
  • Settings

 

「Check yourwebsite」をクリックすると

ウェブサイトのチェックが始まります。

Broken-Link- Checker (8)

 

チェックが終わりましたが数字が500で

止まっています。

Broken-Link- Checker (11)

Broken-Link- Checker (111)

リンクはそんなに少なくは無いはず。

 

Professional Versionタブを選択すると

どうやら無料で対応できるURLは500が

上限のようです。

Broken-Link- Checker (13)

 

それ以上の数はどうやら有料みたい。

Broken-Link- Checker (13-1)

 

Broken Link Checkerを選択するときは

昔からのBroken Link Checkerの方が

無料で数多くできるのでオススメ。

Broken-Link- Checker (2)

今回は、好奇心に任せてやってみた。

 

読者さんはお金を出す気が無ければ

こちらのプラグインはインストールを

しないように。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください