タブレット「dtab Compact d-02k」をBluetooth接続キーボードMOBOとリンクさせて記事入力ツールに変更。記事入力

記事入力用にNexus7を使っています。

ASUS Nexus7(2013)LTE通信のできるSIMフリー機種を購入。これでテザリング無しで無線エリアを探さなくても外出先で記事が書ける。

 

記事を入力するためだけに使っていて

他にできることが無いほうが文字入力に

集中できると思って使っていた。

 

しかし、バージョンが古すぎて

何かと不都合が出てきた。

 

特に他のスマホやパソコンと連携するのに

あまりに古すぎると使えなかったりする。

 

それに、あまりに何もできなさすぎて

少し不便になってきた。

 

バッテリーの持ちが悪くなってきたり

起動に時間がかかり問題がでてきた。

 

それならばと、新しいタブレットである

「dtab Compact d-02k」をポータブルで

記事入力機能を使おうと思う。

「dtab Compact d-02k」を購入。SIMカードはnanoUIM(nanoSIM)とeSIMのどちらかを選べますが、古いタブレットを使うためにnanoSIMにしました。

そのためには持ち運び用のキーボードと

接続しないといけない。

 

我が愛用のモバイルキーボードMOBO。

モバイルkeyboardは三つ折り型のMOBOが良いですね。 折りたたみ型 で丈夫なBluetooth接続で日本語配列キーボードは打ちやすいです。

まずは、モバイルキーボードのMOBOと

タブレット「dtab Compact d-02k」を

Bluetooth接続する。

MOBO Keyboardが想像以上に使い勝手がよく、折りたたみができるので持ち運びにも便利。いつでもどこでも心置きなく入力作業をしたい人には必須のキーボード。

 

MOBOはFn+X(Pairing)で準備OK。

dtab-Compact-d-02k-mobo (2)

 

タブレットは、設定→デバイス接続で

キーボードMOBOを認識。

dtab-Compact-d-02k-mobo (8)

 

試しに入力してみた。

 

両者の比較画像。

左がNexus7、右が「dtab Compact d-02k」

「dtab Compact d-02k」のほうが少し大きい。

dtab-Compact-d-02k-mobo (3)

入力画面の下側にキーボードが出てきた。

 

Nexus7で使っている時には何もでなかった

ので、設定を変えているはず。

 

確か、Google日本語入力アプリを

インストールすると使えるはず。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.inputmethod.japanese&hl=ja

dtab-Compact-d-02k-mobo (14)

 

以下のキーボードの画像から入力方法を

確認と変更ができる。

 

外部キーボードを接続して右下の画像を

クリックすると、仮想キーボードの表示について

選択することができる。

dtab-Compact-d-02k-mobo (10)

 

赤枠のキーボードアイコンをクリック

dtab-Compact-d-02k-mobo (10-1)

 

入力方法の設定ができます。

dtab-Compact-d-02k-mobo (16-2)

 

MOBOを接続して入力すると変換候補が

入力した文字のすぐ近くに表示される。

dtab-Compact-d-02k-mobo (18-1)

スマホの仮想キーボードでの表示とは

違って入力文字のすぐ近くに出る。

 

これはパソコンと同じで入力しやすい。

 

後はやる気に火が付けばたくさんの記事を

書いていけるはず。

 

やる気に火をつけるのが一番むずかしいけど。(笑)

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください