「京都マラソン2016」で「EOS M10」の性能を試してみる

前日から心配していた天気も何とかもって

絶好のマラソン日和。

 

走るランナーの人達には少し気温が高い

かもしれません!

 

そんな大変なランナー達を鴨川辺りから

追いかけて写真を撮ってみました。

 

最初に試してみるのは、標準的なレンズ

「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」

kyotomarason2016 (1)

 

次に望遠レンズ

「EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM」

kyotomarason2016 (2)

 

橋の上から撮影したのですが

やはりかなり違います。

 

標準的なレンズでの撮影では全体を

撮影するのが精一杯です。

 

しかし、望遠レンズだとランナーの顔が

ハッキリわかるくらいの写真です。

 

モザイクをかけていますが。(笑)

 

こういう風に離れた被写体を撮影する時は

やはり望遠レンズがモノを言います。

 

ここで本日の撮影レンズは

「望遠レンズ」に決まりました。

 

ここからはすべて望遠レンズでの撮影です。

「EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM」にて。

 

両足が義足のランナーですが

義足の細さがクリアに分かります。

kyotomarason2016 (4)

 

道路を隔てて反対側の歩道からの撮影。

kyotomarason2016 (5)

 

ボランティアの人達の気配りが伝わる

写真が撮影できます。

kyotomarason2016 (6)

 

折り返し地点での一コマ。

kyotomarason2016 (7)

 

ランナーたちの息遣いが

クリアな写真から聞こえてきます。

 

ゴールへ向かうランナー達。

kyotomarason2016 (11)

 

それを見守るスタッフの老人。

kyotomarason2016 (12)

 

被写体にフォーカスを当てて

周りをぼやけるように撮ってみました。

 

人物が際立って、周りの人の顔がボケて

モザイク処理の手間が省けます。(笑)

 

遠くからでも、アップや引きの写真が

自由自在に撮れて気持ちが良いです。

kyotomarason2016 (9)kyotomarason2016 (8)kyotomarason2016 (13)kyotomarason2016 (14)

 

完走後、祝福の看板が出迎えてくれます。

kyotomarason2016 (15)

 

ランナーの皆さま、お疲れさまでした!

完走おめでとうございます!

 

走り終わったランナーたちが

大きなタオルを肩から掛けてもらってます。

kyotomarason2016 (16)

 

参加賞のタオルでしょうか?

よさ気なタオルで僕も欲しいです。(笑)

 

ランナーたちのやり切った感のある1枚

kyotomarason2016 (17)

 

何気に失敗した写真もカメラが良いと

1つの作品になってしまいます。(笑)

kyotomarason2016 (18)

 

外での撮影は望遠レンズ1つあると

外に出て写真を撮りたくなりますね。

 

それと、やはり「軽さ」というのは

武器になりますね。

 

カメラを持って動き回るのが苦じゃなく

色々と行動出来て写真を撮れます。

 

自分専用に一台欲しい!

スポンサードリンク

「京都マラソン2016」で「EOS M10」の性能を試してみる」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ミラーレスカメラ「EOS M10」とスマホの同期の仕方。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す