WordPressアクセス速度を約20%高速化に成功。プラグインを3つだけ使って比較的安全にカスタマイズしただけ。専門の知識がなくてもワードプレスのアクセス速度をアップできた。

WordPress高速化に挑戦してみました。

理由はブログのアクセスが落ちたから。(汗)

wordpress-logo-stacked-rgb

 

まあ、アクセスが落ちたのはコンテンツが

つまらないかもという理由は置いといて

WordPressを高速化してみます。

 

WordPressの高速化の方法は

たくさんあるようです。

 

しかし、高速化に失敗したデメリットが

怖かったりするので、めちゃめちゃ簡単な

高速化しかしませんでした。

 

だから、誰でも可能です。

やったことは3つだけ。

  1. ソースコード圧縮
  2. データベースの最適化
  3. 画像圧縮

すべてプラグインを利用。

 

利用したプラグインの種類と効果を

それぞれ書いていきます。

 

利用させてもらったプラグインは

  • Autoptimize(ソースコード圧縮)
  • Optimize Database after Deleting Revisions(データベースの最適化)
  • EWWW Image Optimizer(画像圧縮)

 

現状のブログアクセススピードは以下の

PageSpeed Insightsで測定。

 

WordPress高速化プラグインを入れてない

現状のアクセススピードのベースが以下。

 

モバイル 48

WordPress-kousokuka (1)WordPress-kousokuka (2)

 

パソコン 78

WordPress-kousokuka (3)

WordPress-kousokuka (4)

 

ソースコードを圧縮して高速化「Autoptimize」

WordPress-kousokuka (5)

 

設定画面

赤枠をチェックして保存。

WordPress-kousokuka (6-3)

 

保存には二種類

「変更を保存」「変更を保存してキャッシュを削除」

効果は間違いなく高いのは後者。

 

理由は後ほど書きますが

「変更を保存してキャッシュを削除」を

選択したほうが良いです。

 

しかし、今回はプラグインを入れた状態で

どれだけ変わるか見たかった。

 

キャッシュ関連をさわりたくなかったので

「変更を保存のみ」

 

モバイル 48→52

WordPress-kousokuka (7)WordPress-kousokuka (8)

 

パソコン 78→84

WordPress-kousokuka (9)WordPress-kousokuka (10)

 

 

無駄なリビジョンを削除する「Optimize Database after Deleting Revisions」

WordPress-kousokuka (11)

 

細かい設定は以下を参照。

https://junjun-web.net/wp-plugin/rvg-optimize-database/

 

データーベースを最適化するので

パックアップは必須。

 

CORESERVERでのバックアップ記事

CORESERVER(コアサーバー)でのバックアップ方法。WordPressのディレクトリとファイル、データベースのダウンロードと復元リストアの方法。

 

いや、本当はプラグインをインストールして

実行する前にはバックアップは必須。

 

その中でも、データーベースはブログの核。

 

最悪WordPressが壊れて再インストール

するはめになってもデーターベースがあれば

すぐに復活できる。

 

なので、確実にバックアップしてください。

 

「Analyzing (summary)」クリック

WordPress-kousokuka (13-2)

 

「Analyzing (summary)」クリック

WordPress-kousokuka (12-1)

 

30Mほど圧縮されました。

WordPress-kousokuka (14)

 

モバイル 52→65

WordPress-kousokuka (15)

WordPress-kousokuka (16)

 

パソコン 84→90

WordPress-kousokuka (17)

WordPress-kousokuka (18)

 

画像を圧縮して高速化「EWWW Image Optimizer」

WordPress-kousokuka (19)

 

詳しい設定は以下のブログを参照

https://nakaeshogo.com/ewww-image-optimize/

 

インストール後はデフォルトで

全部の画像を一括最適化します。

 

インストール直後はプラグイン改善のため

画面上部で送信するかどうか聞かれるが

無視して構いません。

 

「一括最適化」をクリック

WordPress-kousokuka (20-1)

 

一括最適化画面が表示

WordPress-kousokuka (22)

 

「最適化を開始」をクリック

WordPress-kousokuka (22-1)

 

画像の圧縮が開始されます。

WordPress-kousokuka (24)

 

流石に141397枚の画像をスキャンするのは

時間がかかりました。

 

スキャンしてる間に僕は寝ました。(笑)

 

しかし気を付けないと、パソコンが

スタンバイになったり、ハードディスクの

電源が落ちたりするとスキャンが止まる。

 

何度かやり直すハメになりました。(泣)

 

サーバー側で勝手にやってもらいたいが

きっとセキュリティーの問題でしょう。

 

パソコンを立ち上げたままで

通信を切らないようにしないといけない。

 

時間がたつにつれてスキャンする残りの

画像枚数が減っていきます。

 

モバイル 65→71

WordPress-kousokuka (26)

WordPress-kousokuka (27)

 

パソコン 90→93

WordPress-kousokuka (28)WordPress-kousokuka (29)

 

高速化する前から比較すると

  • モバイル 48→71
  • パソコン 78→93

 

かなり改善したのではないでしょうか。

ここまでの結果だけ見たら大成功。

 

しかし、数日不安定な時期があった。

不安定でサーバーに繋がりにくかった。

WordPress-kousokuka (30)

WordPress-kousokuka (31)

やはり圧縮に問題があった?

 

ここで活躍したのが「Autoptimize」

 

ソースコードを圧縮して高速化「Autoptimize」

WordPress-kousokuka (5)

 

初めに利用した「Autoptimize」の中に

「変更を保存してキャッシュを削除」

ボタンがあったのでそれをクリック。

WordPress-kousokuka (6-3)

 

たぶん変に残っていたキャッシュが

影響していたみたいですが原因は不明。

 

最初のほうで

「変更を保存してキャッシュを削除」を

クリックするのをススメた理由。

 

それほどキャッシュの影響があったと

考えております。

 

今回のWordPress高速化に

キャシュのプラグインを使わなかったのも

トラブルが激しいときいたから。

 

1週間以上立ちますが快適です。

 

WordPress高速化は成功したと

言って良いと思います。

 

アクセス数は少なくなったままですが。(泣)

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください