Google日本語入力からATOKへ移行した時の設定変更方法をメモ。入力方式の変更方法やショートカットのカスタマイズ方法を書きます。

ATOKからGoogle日本語入力へ移行して

すっかり馴染んできました。

 

ATOKには文字を入力する機能に関しては

全く不満はありませんでした。

 

しかし、複数のパソコンを所持していると

できるだけ同じ環境で入力したいのですが

ライセンスの兼ね合いがあり事実上不可。

 

インストールできる数に限りがあります。

有料ソフトなので仕方がありません。

 

しかし、複数のパソコンを持っている自分

としては、同じ環境で文字入力をしたい。

 

そのためGoogle日本語入力へ移行

 

しかし、長年ATOKの入力方法に慣れていて

すっかりATOKの操作方法に慣れてしまって

気がつけばATOKの操作方法が当たり前。

 

Google日本語入力に移行したとしても

できればATOKの操作方法にしたい。

 

幸いGoogle日本語入力にはATOKモードが

装備されているのでカスタマイズ可能。

 

こだわる点は2つ

  1. ATOKと同じショートカットでの単語登録
  2. 文字の変換方法

 

結論としてはATOKモードにできれば

こだわりの2点とも解決します。

 

ATOKモードへ変換

ツールバー内にある文字の上で右クリック

Google-nihongonyuuryoku (1)

 

プロパティ選択

Google-nihongonyuuryoku (2)

 

キー設定の選択でATOKを選択。

Google-nihongonyuuryoku (3)

 

OKをクリック。

Google-nihongonyuuryoku (3-1)

以上で単語登録のショートカットは

ATOKと同様のCtrl+F7になりました。

 

ショートカットや入力方式の変更方法

さらにカスタマイズしたい人は

編集をクリック

Google-nihongonyuuryoku (4)

 

今回はショートカット編集。

変更したいショートカットキーを探す。

Google-nihongonyuuryoku (5-1)

 

入力キーの変更したい場所を3回クリック。

Google-nihongonyuuryoku (10)

 

変更できたらOKをクリック

Google-nihongonyuuryoku (10-1)

 

OKをクリック

Google-nihongonyuuryoku (11)

 

先程ATOKを選択した部分がカスタムに

変更されます。

Google-nihongonyuuryoku (9-1)

 

最後にOKをクリックして確定。

Google-nihongonyuuryoku (9-2)

 

以上がショートカットの変更方法。

 

文字の入力方式も同様に事細かく

変更することができます。

 

カスタマイズが可能なのでMicrosoft IMEの

入力方式やショートカット等の気に入って

いた部分だけの導入も可能。

 

自分好みにカスタマイズすることができ

入力もスムーズにできるようになりました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください