東大阪市横枕春日神社の秋祭りに参加させてもらいました。山車を押したり引いたりする貴重な経験をさせてもらって感無量。参加者との一体感がサイコーでした。

山車(だし)を押す機会に恵まれた。

yokomakurakasugajinnjya (2)

友人のススメがあり祭りに参加。

 

大阪市に何年も住んでいたが隣の市である

東大阪市の横枕春日神社という名前は

今まで聞いたことがなかった。

 

そんな神社の山車を押したりできるなんて

人生何が縁になるか分からない。

 

友人との待ち合わせは荒本駅

yokomakurakasugajinnjya (1)

友人に促されるまま神社に行くと

境内を掃除している人たちと

太鼓を叩く少年たちが目に入る。

 

だんじりや山車を祭りで引く人たちは

荒くれ者が多いと勝手に思っていた。

・・・そんな時代もありました。(笑)

 

思いとは逆に気の良さそうな人が多い。

そう感じるのは自分も年を重ねたからか。

 

まあ実際、前日に飲みすぎて出来上がって

出席している人もいましたが。(笑)

 

ハッピを1000円でレンタルさせてもらい

祭りに参加する。

 

他にも僕のように初参加の人も数人ほど

いるようだが、その人達は足袋や白ズボン

などを買い揃えていた。

僕と違ってカッコイイ。

気楽に出席したので仕方がない。(汗)

 

山車も内装や外装がカッコよく飾られてて

祭りにかける意気込みが感じられます。

yokomakurakasugajinnjya (5)

刺繍がキレイでカッコイイ!

相撲鶏の化粧廻しとよく似ている。

 

今年からは、青年会の若手が加わって

なお一層にぎやかに山車を動かせます。

yokomakurakasugajinnjya (3)

山車の前から長く太い綱を付けます。

 

綱引きの綱を思い出してくれれば

イメージできるでしょう。

 

その長い綱をたくさんの子どもたちや

華やかさを演出する女性達が引く。

 

巡航開始。

yokomakurakasugajinnjya (4)

男性陣は後ろから押したり山車に乗って

祭りを盛り上げる。

 

そんな中に入って、慣れないながらも

重たい山車を押したり引いたりと

かなりの重労働。

 

絶対、イベントが終わってから筋肉痛に

なって動けなくなる奴です。(笑)

 

祭りに参加させてもらっていて

山車を必死で押しているので

写真はほとんど無しです。

 

2時間ほど地域を回ってから休憩。

 

みんなで山車を必死に動かしているので

初参加にも関わらず一体感が生まれます。

 

楽しそうにしている子どもたちが眩しい。

 

関係者の皆さんの懐が深いからでしょう。

見るよりやる方が楽しい。

 

老人ホームで施設の人たちに歓迎を受け

ノンビリとした休憩時間をすごす。

 

休憩中に他の地域の山車を引っ張って

行く姿を見ることができました。

 

他の地域はだんじり状態で走って山車を

引っ張っていました。

yokomakurakasugajinnjya (6)

これはこれで迫力がある。

やってる当人たちは大変でしょうが。

 

暗くなると山車に日が灯りというか

電気が付いて派手になります。

 

他の山車と出会うとエールの交換が

激しく繰り広げられてなかなかの迫力。

yokomakurakasugajinnjya (8)

その際に山車の後ろを上下に振って

勢いや存在感をアピール。

 

遠くから見ている人もいましたが

迫力は離れていては感じられないかも。

 

しかし、実際は山車を傾けるだけで

かなりの重労働で肩や腰にきます。

 

やると見るとは大違い。

とにかく楽しかった。

 

山車の巡航が終わっってヘトヘトに

なっているおっさんを尻目に若い人達は

山車を全力で押したり引いたりして

遊んでいました。

yokomakurakasugajinnjya (7)

やはり若さは素晴らしい!

 

巡航中、あれだけずっと太鼓を叩いたり

摺鉦(すりがね)を鳴らしていたのに

まだ叩き足りないらしい。

 

すりがね(チャンチキ)

子ども達が境内で続きをやってました。

 

友人曰く

「今年は人が多くてラクすぎ」

「来年は人数の少ない試し引きを

させてやる」とのありがたいお言葉。

 

他の人も来年も是非にと言ってくれたので

前向きに考えようと思います。

 

今回は貴重な体験をさせてもらって

ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください